科目情報
科目名 教育社会学特講 
クラス − 
授業の概要 学校と社会における教育課題を社会学的に解説する。人の活動を支えている組織や制度に焦点を当て、今日の教育課題の要因を探究する。学校の中での児童・生徒、家庭や社会の中での子どもの生活と社会環境を視野に入れて学習する。市場社会と教育の関係をジェンダーの視点から着目する。教育問題を通して幸福につながる人間と社会の関係条件を考える。学校現場の実態を踏まえ具体的な事例を通して検討する。 
授業の到達目標 今日の教育課題の社会的要因を発見する。学校教育を理解するためには、多様な方法があることを知り、子どもや教員、保護者をとらえる幅広い視野を獲得する。子どもの周りには多くの教育支援や人間関係があることを理解し、子どもへの適切な支援ができるように知識を修得する。教育を社会学的に考察できる学習能力の向上をはかる。専門的な知識への理解力、課題解決能力、教育実践力などの基礎的な力をつける。卒論作成や就職後にも役立つ授業を目指している。 
授業計画 ※複数教員が担当する授業科目は、各教員が担当する回について分かるように明記してください。(この説明文は削除してください。)
内容
1オリエンテーション、教育課題の発見(社会学的アプローチ) 
2学校の部活動と校則 
3学力とテスト 
4教員の仕事(1)教員の多忙化 
5教員の仕事(2)教育と自由 
6ジェンダーと女子教育 
7前半授業の振り返り 
8子どもと社会(1)不登校 
9子どもと社会(2)子どもの貧困 
10市場社会と教育(1)キャリア教育 
11市場社会と教育(2)企業社会と教育 
12市民社会と教育(ボランティア) 
13市民社会と教育(NPO) 
14社会との連携(教育福祉、社会教育との接続) 
15プレゼンテーション
まとめ 
 
テキスト・参考書 プリントを配布する。授業時に随時参考文献などを紹介する。 
自学自習についての情報 新聞やテレビ、ネットなどのメディアの教育に関連する記事を意識して読むこと。興味ある教育問題に関わる文献を図書館で探してみる(ブックレットや文庫、新書など手軽に読めるものから始めるとよい)。 
授業の形式 講義形式に偏らず視聴覚教材の利用、授業参加者による相互交流によるワークショップも予定している。 
アクティブラーニングに関する情報 自らの問題意識や考えを深めることができるように、適宜ペア・ワークやグループ討論を行う。振り返りの時間、まとめの授業の際に、授業参加者による簡単な発表(プレゼンテーション)を予定している。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 資料調査(30%)、プレゼンテーション(30%)、レポート(40%)などにより評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 自分の中にある問題意識の芽を育ててほしい。 
担当講師についての情報(実務経験) 京都府の公立高校で実務経験あり。