科目情報
科目名 日本国憲法 
クラス b 
授業の概要 日本国憲法の解釈の重要な論点について、憲法の基本理念との連関を明らかにしながら解説する。また、裁判所の判例を素材として、具体的な憲法問題について考える力を養う。  
授業の到達目標 1 憲法の基本的理念を学習し、全体像をつかむ。
2 日本国憲法の重要な論点について、基礎的知識を習得する。
3 現実の社会で起こる憲法問題に対して、自ら考える能力を培う。 
授業計画
内容
1ガイダンス 
2憲法総論(1)憲法の意味、憲法の歴史、立憲主義 
3憲法総論(2)平和主義、天皇制 
4基本的人権(1)人権総論 
5基本的人権(2)思想・良心の自由 
6基本的人権(3)信教の自由、学問の自由 
7基本的人権(4)表現の自由 
8基本的人権(5)経済的自由 
9基本的人権(6)社会権 
10基本的人権(7)幸福追求権、人身の自由 
11基本的人権(8)平等原則 
12統治機構(1)国会 
13統治機構(2)内閣 
14統治機構(3)裁判所 
15まとめと復習 
 
テキスト・参考書 詳細については、初回授業のガイダンスにて指示・案内する。
<参考書> 
『憲法学読本』 出版社:有斐閣 著者:安西文雄・巻美矢紀・宍戸常寿
『合格水準 教職のための憲法』 出版社:法律文化社 著者:志田陽子(編)
『 START UP 憲法判例50!』 出版社:有斐閣 著者:上田健介・尾形健・片桐直人
 
自学自習についての情報 復習をして次の授業に臨むこと。復習のときには、事実を記憶するだけではなく、自分で論理の筋道を立てて考えることを心がけてください。  
授業の形式 講義 
アクティブラーニングに関する情報  
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 期末試験を中心に評価を行うが、質疑応答などの平常点を加味することがある。詳しくは、初回授業のガイダンスにて指示・案内する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む)  
担当講師についての情報(実務経験)