科目情報
科目名 英語コミュニケーションB 
クラス l 
授業の概要 テキスト内容をまずリスニングで理解し、設問に答える事で理解を深め、音読活動などを通して表現・文法・語彙を内在化し、それらを使って自分で表現出来る事を目指す。 
授業の到達目標 音読を基本にした適切な学習方法を身につけ、実行できる。 
授業計画 授業形式 リスニングでまずおおまかな内容を把握した後、設問に答える方式で英文を詳しく読んでいきます。
音読練習・シャドーイング練習など積極的な参加が必要です。
内容
1オリエンテーション:典型的な英文を利用して、授業の進め方を体験します。 
リスニングによる内容理解、概要・要点理解、音読・シャドーイング練習 
2A Box full of Kisses (1) track 1
リスニングによる内容理解、概要・要点理解 
3A Box full of Kisses (2) track 1
詳細理解、音読・シャドーイング練習
 
4Track 1 の復習テスト
音読練習・多読の練習 
5A Glass of Milk (1) track 15
リスニングによる内容理解、概要・要点理解
 
6A Glass of Milk (2) track 15
詳細理解、音読・シャドーイング練習 
7track 15の復習テスト
音読練習・多読の練習 
8Hospital Window (1) track 11
リスニングによる内容理解、概要・要点理解 
9Hospital Window (2) track 11
詳細理解、音読・シャドーイング練習 
10track 11の復習テスト
音読練習・多読の練習 
11Wet Pants (1) track 12
Active Reading 形式による内容理解
 
12Wet Pants (2) track 12
音読・シャドーイング練習
track 12 の復習テスト 
13Salty Coffee (1) track 20
リスニングによる内容理解、概要・要点理解 
14Salty Coffee (2) track 20
詳細理解、音読・シャドーイング練習 
15Salty Coffee (3) track 20
track 20 復習テスト
音読練習・多読の練習
 
 
テキスト・参考書 テキスト
英語で泣けるちょっといい話 (アルク)ISBN 978-4-7574-1958-2
改訂版 キクタン TOEIC TEST SCORE 600 (アルク)ISBN 978-4-7574-2816-4 
自学自習についての情報 予習は必要ありませんが、復習は、必ず必要です。 目安として、1回の授業につき、60分程度の音読やシャドーイングなどで復習する事が必要です。 
授業の形式 ハンドアウトに従って個人での読解活動、音読活動を基本にしますが、ペアによる活動やグループでの活動を多く取り入れます。 
アクティブラーニングに関する情報 個人個人の理解だけでなく、ペア同志での活動、グループでの活動を取り入れます。英語の読解活動に関してはアクティブ・ラーニングの方式を取り入れるため、個人個人の積極的な参加が望まれます。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業への参加度(40%)、Unit ごとに行う復習テスト(40%)、メール・FOMRSでの課題提出(20%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 授業中の活動を重視するので、出席は言うまでもなく不可欠である。今までの学習方法を見直す機会にして欲しい。 
担当講師についての情報(実務経験)