科目情報
科目名 生涯スポーツ実習IA 
クラス b 
授業の概要 個々の体力とテニスのスキルを高めるとともに、テニスの楽しさを味わえる知識を身につけるための実習を行う。 
授業の到達目標 生涯を通じてスポーツを実践するために必要な知識、能力をテニスを通して身につける。特にダブルスのゲームをセルフジャッジで楽しめるようになることを目標とする。
各自が積極的にコミュニケーションをとり、実習を通して社会的自立心を養う。 
授業計画
内容
1オリエンテーション
(授業の進め方、心得、評価の方法他) 
2テニスの基本
(グリップ、姿勢、ヒットする感覚) 
3ストロークの基本練習1
(フォアハンドストローク) 
4ストロークの基本練習2・ミニゲーム
(フォアハンド、バックハンド)
 
5ストロークの基本練習3・ミニゲーム
(フットワークをつかったストローク) 
6ボレーの練習1・反復練習・ミニゲーム
(フォアハンドボレー)
 
7ボレーの練習2・反復練習・ミニゲーム
(フォア、バック) 
8応用練習1
(ストローク、ボレーの組み合わせ、ミニゲーム)
 
9サーブ、スマッシュの練習1・反復練習・ミニゲーム
(スイングの基本) 
10応用練習2
(スキルの組み合わせによるラリー) 
11ダブルスの練習1
(ルール、ゲームの進め方、陣形) 
12ダブルスの練習2
(実践的練習) 
13ダブルスゲーム1 能力に合わせた組み合わせ 
14ダブルスゲーム2 全体での組み合わせ 
15まとめ レポート作成 
 
テキスト・参考書 硬式テニスの基本と練習法 
自学自習についての情報 試合観戦
テニスコートでの実践練習 
授業の形式 実技実習 
アクティブラーニングに関する情報 テニス経験者は未経験者に対してアドバイスを行うことで、「現場で伝える」能力を養う。
各々セルフジャッジでのゲーム展開を行うことができるようになる。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業への出席状況、参加態度を重視し、授業への取り組みとの総合評価とする。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) シューズは靴底がクレーコートに適したものに限る。 
担当講師についての情報(実務経験)