科目情報
科目名 平和と教育 
クラス − 
授業の概要 平和と教育の関係について考察する。日本の歴史と平和教育の関連を述べ、平和社会を形成するための教育方法について考察する。平和教育の理論と実践が社会との関わりの中でどのように展開してきたかを述べる。平和教育の実践状況、世界各国の平和教育、子どもたちの平和意識などについて解説する。 
授業の到達目標 平和教育について、戦争を伝える視点、平和を形成する視点、子どもたちの自発的・主体的な学習参加を促す視点から、平和教育の実践方法について考える。ワークショップ、平和プレゼンテーション、戦争体験継承の実践などを通して、自分の専門領域で平和教育の授業を考案できる手がかりやヒントを得る。 
授業計画
内容
1オリエンテーション 
2平和教育の理論 
3平和教育の歴史 
4平和教育のワークショップ 
5平和博物館による平和学習 
6師範学校と京都伏見の戦争:近隣の戦争遺跡 
7戦争体験の継承 
8世界の平和教育   
9平和教育実践の紹介 
10グローバル・スタディーズの研究フォーラムに参加 
11子どもの平和意識 
12平和のためのプレゼンテーション 
13平和のためのプレゼンテーション 
14戦争体験の継承の報告  
15まとめ 
 
テキスト・参考書 授業において参考文献などを提示する。 
自学自習についての情報 @平和のためのプレゼンテーションを創作する。A戦争体験継承を実践する。 
授業の形式 講義形式であるが、ワークショップも行う。 
アクティブラーニングに関する情報 平和のためのプレゼンテーションを構想し発表する。また、戦争体験継承を実施し、グループ内で共有する。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業参加度(30%)、継承ワークやプレゼンテーションの提出(30%)、レポート(40%)などにより評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 本学のグローバル・スタディーズの研究フォーラムに参加する予定。 
担当講師についての情報(実務経験) 9の「平和教育実践の紹介」は、元小学校教員による平和教育の授業内容や実践方法の紹介である。