科目情報
科目名 介護等体験事前教育 
クラス a 
授業の概要 1.本授業は「介護等体験」の事前教育のために設置された必修科目で、高齢者、障害児・者の教育や福祉、介護に関する内容で構成されている。
2.授業計画に示されたそれぞれの内容については、本学教員のほか、学外の専門家(実践家)が担当し、介護等体験の実際に則した内容となっている。
3.講義を基本とするが、介護等体験で必要となる車椅子の操作については実習を行う。 
授業の到達目標 1.「介護等体験」の意義を理解し、実習の目的意識をもつことができる。
2.「障害」と「福祉」について、基本的な考え方を理解することができる。
3.社会福祉施設と特別支援学校について、実習に必要な基本的事項が理解できる。
4.車椅子のもつ機能や社会的役割を理解し、車椅子を安全に操作して介助することができる。 
授業計画 本授業科目は1単位であるため、全8回の授業である。
講義・実習の順番は変更になる場合もある。
内容
1オリエンテーション(実地教育運営委員会)
障害児者の理解と関わり−その視点(発達障害学科) 
2日本の福祉政策と制度について(非常勤講師) 
3高齢者の心身機能とその援助について(保健管理センター) 
4高齢者施設と介護について(非常勤講師) 
5身体障害とバリアフリー(非常勤講師) 
6車椅子体験実習(非常勤講師) 
7特別支援教育の理念と実際(非常勤講師) 
8レポート作成
まとめと実習に向けての心得、諸注意(実地教育運営委員会) 
9 
10 
11 
12 
13 
14 
15 
 
テキスト・参考書 テキスト:介護等体験の手引き・ノート(本学作成) 
自学自習についての情報 障害者や高齢者の特性について調べ理解を深めること。 
授業の形式 講義と実習。実習についてはオリエンテーション時に指示する。 
アクティブラーニングに関する情報 学生は,学内のキャンパスにおいて,車椅子の乗車・操作を実際に行い,体験を行う。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 参加状況とレポートをもとに、総合的に判定する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 2回生で必ず受講すること。
授業は9月下旬ごろに2日間の集中講義で実施する。日程の詳細は、4月上旬に掲示により通知する。
車椅子体験実習については、それにふさわしい服装で受講すること。 
担当講師についての情報(実務経験) 特別支援学校、高齢者施設の教職員が授業を行い、障害者の教育や高齢者の介護について理解を深める。