科目情報
科目名 宿泊野外活動演習II 
クラス a 
授業の概要 京都府立るり渓少年自然の家「グリーンパルるり渓」(京都府南丹市園部町)が実施する「みどりキャンプ」に学生スタッフとして参加し、障害のある子どもを含む小学4年生から中学生とともにキャンプ生活を行いながら特別支援教育への理解を深め、相互支援の心をはぐくむ取り組みについて学ぶ。 
授業の到達目標 1.共同生活を通して子どもたちと本当に深いつながりを持ち、教職に就くことのへの意識を高める。
2.学校とは違った場所で様々な子どもたちと接することで幅広い指導力を身につける。
3.子どもたちとのキャンプ活動を通じて、教職に就いてから役立つ野外活動の知識や技能を身につける。 
授業計画 以下の内容で実施する。
スタッフ研修会(1泊2日)【6月中旬】
親子説明会(1泊2日)【7月上旬】
キャンプ(5泊6日):【8月上旬〜中旬】
全日程の参加が履修要件となる。上記日程の他、大学でも事前教育を行う。
今年度の日程は履修登録説明会で連絡する。
なお、下記の内容は天候その他の事由で変更する場合がある。
内容
1履修登録説明会(於:大学)〔講義〕「みどりキャンプの概要について」 
2スタッフ研修会−キャンプの概要と指導法の理解 
3スタッフ研修会−参加者理解と参加者との関わり方 
4親子説明会−全体ゲーム 
5親子説明会−班別ミーティング 
6みどりキャンプ−テント設営準備 
7みどりキャンプ−野外炊事指導 
8みどりキャンプ−仲間作りゲームなどの指導 
9みどりキャンプ−登山(ハイキング)の準備 
10みどりキャンプ−グループ活動の指導 
11みどりキャンプ−キャンプファイヤーの準備と打ち合わせ 
12みどりキャンプ−キャンプファイヤー指導 
13みどりキャンプ−指導のふりかえり 
14みどりキャンプ−事後行事への参加 
15みどりキャンプ−総合的なまとめの時間 
 
テキスト・参考書 テキスト:実習ノート、その他は必要に応じて配付します。
参考書:冒険図鑑−野外で生活するために−(福音館書店)、自然図鑑−動物・植物を知るために−(福音館書店) 
自学自習についての情報 履修登録説明会及びスタッフ研修会で配付された冊子を熟読しキャンプに臨むこと。 
授業の形式 講義、実習 
アクティブラーニングに関する情報 キャンプ参加者、スタッフとの相互作用で進める演習である。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 実習記録の内容及び京都府立るり渓少年自然の家からの報告等を勘案して評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 履修登録説明会を4月上旬に実施するので、履修希望者は必ず出席すること。
説明会の日程は3月下旬〜4月上旬に掲示により通知する。
宿泊料、食費、資料代等は自己負担とし、例年2万円程度。活動場所までの往復の交通費も自己負担となる。
自然事象等の事情により、キャンプの期間や内容が変更されることがある。 
担当講師についての情報(実務経験) 京都府立るり渓少年自然の家の教職員の子どもたちへの指導へふれることで、野外活動の知識や技能のみならず、教職に必要な実技的指導力の基礎を体験的に身に付ける。