科目情報
科目名 中等教育課程論 
クラス b 
授業の概要 学校教育において何をいつどのように教え学ぶのか。こうした問いに関わるのが、各学校で編成する教育課程(カリキュラム)である。本授業では、教育課程編成の意義と具体的な方法について検討する。また、各学校の状況にもとづいて行うカリキュラム・マネジメントの基本的な考え方について検討する。 
授業の到達目標 1.学校教育における教育課程の編成の役割・機能・意義について理解する。
2.教育課程編成の基本的な原理と具体的な方法について理解する。
3.学校全体を見渡して、組織的・計画的にカリキュラム・マネジメントを行うことの意義について理解する。 
授業計画
内容
1オリエンテーション(教育課程とは何か)  
2教育課程の編成原理(系統主義と経験主義) 
3教育課程の構造(教科と総合的な学習の時間) 
4教育課程の構造(教科と教科外) 
5教育課程の改革をめぐる動向 
6教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)@戦後初期のカリキュラム改革運動 
7教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)A生活と科学の関係 
8教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)Bゆとりと充実 
9教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)C「新しい学力観」 
10教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)D「生きる力」と総合的な学習の時間 
11教育課程改革の歴史(学習指導要領の変遷)E「確かな学力」と「知識基盤社会」 
12資質・能力にもとづく教育課程の編成方法 
13教育課程の評価 
14カリキュラム・マネジメントの意義 
15まとめ 
 
テキスト・参考書 【テキスト】小学校・中学校・高等学校学習指導要領、幼稚園教育要領、幼保連携型認定こども園教育・保育要領(すべて、最新版)
【参考書】田中耕治編『よくわかる教育課程[第2版]』ミネルヴァ書房、2018年。 
自学自習についての情報 講義のなかで紹介する参考文献をもとに理解を深めてほしい。 
授業の形式 講義とディスカッション 
アクティブラーニングに関する情報 ディスカッションなどを通して、主体的・対話的に考えを深めることをめざす。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 毎回の意見(30%)、最終レポート(70%)  
その他(授業アンケートへのコメント含む)  
担当講師についての情報(実務経験)