科目情報
科目名 生徒指導・進路指導の理論及び方法 
クラス d 
授業の概要 生徒指導・教育相談・キャリア教育について、中学校・高等学校段階を中心に、その意義や具体的支援の方法について学ぶ。 
授業の到達目標 生徒が思春期および青年期に遭遇する生徒指導上の課題を取り上げ、その理解を深めることおよび具体的支援の方法やスキルを身につけることを目標とする。 
授業計画
内容
1オリエンテーション(授業の概要と到達目標の説明) 
2生徒指導・教育相談・キャリア教育の意義 
3思春期・青年期の発達課題 
4少年非行の傾向 
5少年非行の具体例 
6いじめの定義 
7いじめの実際と対応 
8体罰の定義 
9体罰の実際と対応 
10集団づくり 
11構成的グループエンカウンター 
12キャリア教育 
13学校の規律 
14のぞましい生徒指導とは 
15授業の到達目標の確認とまとめ 
 
テキスト・参考書 片山紀子『3訂版 入門 生徒指導』学事出版 2018年 
自学自習についての情報 教科書を事前に読み、各自課題を持って授業に臨むこと 
授業の形式 講義に加え、随時グループワークやロールプレイを行う。 
アクティブラーニングに関する情報 グループディスカッションや発表が組み込まれている。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業への参加態度(小レポート・討議や発表)および最終試験により総合的に評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 積極的にグループワークに参加すること 
担当講師についての情報(実務経験)