科目情報
科目名 初等英語科教育 
クラス c 
授業の概要 小学校外国語活動・外国語科の進め方について、理論と実際の指導法について学ぶ。また小学校での英語授業のビデオ視聴や、実際に児童の立場になって授業を受けたり、指導者の立場にたって模擬授業を行ったりすることを通して、小学校における外国語活動・外国語科のねらいを理解するとともに、その指導法を身につける。 
授業の到達目標 小学校における外国語活動・外国語科のねらいにそって、どのような内容をどのような指導法や教材を用いて進めるかを理解する。また英語で授業をすることに自信を持ち、英語の授業を設計し、行えるようになることを目指す。 
授業計画 *毎時間クラスルーム・イングリッシュ、活動・指導法演習
内容
1ガイダンス、1章 小学校における英語教育 
22章 言語習得理論と関連領域、 3章 基本的な外国語教授法 
34章 国際理解教育と英語教育、 5章 評価の意義と評価方法 
46章 カリキュラム・年間指導計画作成のポイント、 7章 小学校の英語授業作り 
58章 特別支援教育における外国語活動、 9章 クラスルームイングリッシュの活用 
610章 求められる教員の資質、11章 教材の使い方・選び方と開発方法 
712章 ICTの効果的な活用、 13章 指導の基本と留意ポイント 
814章 指導の実際、 15章 文字指導のあり方 
916章 課題:現場の取り組みから 
10教科書の特徴と分析 
11グループ発表、ディスカッション(前半) 
12グループ発表、ディスカッション(後半) 
13模擬授業(前半) 
14模擬授業(後半) 
15まとめ、振り返り 
 
テキスト・参考書 テキスト:金森 強(編著)(2019)『小学校英語科教育法―理論と実践―』 成美堂.  
自学自習についての情報 授業中に推薦する参考文献を読み、小学校外国語教育について見聞を広げたり、毎時間の小テストのために予習・復習を行う。 
授業の形式 講義・演習・発表・討論 
アクティブラーニングに関する情報 課外課題,マイクロティーティングなどに積極的に取り組むこと。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 1 出席点・授業への積極性、毎時間の小テスト(30%)
2 担当箇所や平常のレポート、発表、模擬授業(40%)
3 課題レポート(30%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 1 出席を重視する。3回を超えて欠席した場合は単位を取得できない。30分以上の遅刻・早退は欠席とみなし、遅刻・早退・退出は3回で1回の欠席とみなす。
2 模擬授業、グループ発表で使用する教材は、各グループで準備する。
3 児童英語教育セミナー(オンラインを含む)などに積極的に参加すること。
4 中学・高校の英語教員を目指す学生も、この授業を受講することが望ましい。 
担当講師についての情報(実務経験) 授業担当者は、学校現場を指導した教員が担当する。小学校英語教育の指導経験を生かし、具体的な指導法や教材作成に役立つ内容を含める。