科目情報
科目名 中等理科教育II 
クラス − 
授業の概要 中学校理科、高等学校理科の教材研究、授業研究を行う。
前半:中学校理科、高等学校理科で行う代表的な実験・観察を指導できる技能を習得するグループワークにより、実験実習の準備および実験の進め方について意見交換・議論をして模擬授業を行う。
後半:授業の企画力・実践力を養うために模擬授業を行う。グルーワークにより、授業作成、授業実践、省察を一体として、授業分析ツール(大学HPよりダウンロード)を用いて授業分析を行う。 
授業の到達目標 1.中学理科、高等学校理科の実験・観察の技能を習得し、実践的な問題点、安全指導の留意点を理解する。
2.各科目間の内容を理解し、実験・観察に深い理解をする。
3.教材開発を通じて、創造性のある授業を行う。
4.学習指導案の作成・授業研究を通じて実践的な指導力を養う。
5.授業の分析法、評価法について学ぶ 
授業計画
内容
1理科学習における科学的に探究する学習活動と実験・観察の役割について 
2物理分野の教材について(1):力と圧力 
3物理分野の教材について(2):電磁気学 
4化学分野の教材について(1):溶液の性質 
5化学分野の教材について(2):化学反応 
6生物分野の教材について:生命の連続性、生物の多様性への探究(探究の過程を振り返る) 
7地学分野の教材について:地球と宇宙、天体観測の方法を探る(探究の過程を振り返る) 
8自然と人間:自然環境の保全の方策の検討(科学リテラシー) 
9理科の授業展開について(模範授業とその分析方法)および情報機器の活用 
10授業研究1(指導要領に基づく指導案の作成) 
11授業研究2(指導案の作成とグループによる検討) 
12授業研究3(指導案の作成とグループによる検討、模擬授業の検討) 
13授業研究4(模擬授業、グループ内での分析と省察、中学校編) 
14授業研究5(模擬授業、グループ内での分析と省察、高等学校編) 
15全体での振り返りとグループでの省察 
 
テキスト・参考書 テキスト:
中学校理科教科書、学習指導要領解説(中学校理科)(最新版)
高等学校理科教科書、学習指導要領解説(高等学校理科)(最新版) 
自学自習についての情報 前半:教材研究においては、教材開発の発想を学ぶ。身近な素材について調査、試行を日常的に行う姿勢をもつ。
後半:よりよい授業づくりに向けて、日常的に議論し、意見交換する。 
授業の形式 前半:実験・観察、グループワーク
後半:授業計画、模擬授業、グループ省察 
アクティブラーニングに関する情報 実験・観察における準備段階からのプロセスをグループワークとして参加型の取り組みをする。また、模擬授業では、指導案の作成、授業作成、実践、振り替えりの課程をポートフォリオにまとめ、自己分析を行う。一連の経験を深い学びとする。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 実験レポート、指導案提出、ポートフォリオ作成を総合して評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 特記事項無し 
担当講師についての情報(実務経験)