科目情報
科目名 中等理科教育III 
クラス − 
授業の概要 中学校・高等学校の理科の指導に必要な教育実践的な知識・スキルについてワークショップ形式で学ぶ。 
授業の到達目標 1.ICT活用についてスキル・知識を学び、具体的な活用へ応用する。
2.認知的なアプローチによる学習構成について理論を学び、その実践ができるようになる。
3.探究的なアプローチについて理論を学び、実践的に応用できるプロセスを作る。
4.プログラミング学習の知識・スキルを身に付け理科学習プログラムを作成する。 
授業計画
内容
1理科におけるICT活用の有効性と事例 
2ICT活用による授業実践 
3ICT活用における教材づくり 
4認知的アプローチの理論的解説 
5認知的アプローチの事例的検討 
6認知的アプローチによる教材の体験および省察:事例1 
7認知的アプローチによる教材の体験および省察:事例2 
8探究的アプローチの理論的解説 
9探究的アプローチによる教材の体験及び省察:事例1 
10探究的アプローチによる教採の体験及び省察:事例2 
11探究学習教材の開発 
12探究学習教材の共有(発表) 
13プログラミング学習の理論と実践についての解説 
14プログラミング作成の演習 
15中学校レベルのプログラム学習教材の作成 
 
テキスト・参考書 テキスト:
・中学校理科教科書、学習指導要領解説(中学校理科)(最新版)
・高等学校理科教科書、学習指導要領解説(高等学校理科)(最新版)
・各回授業に必要な資料を配布する。 
自学自習についての情報 各回とも専門的な内容の理解を深めるので、復習と関連事項の自学自習が必要である。 
授業の形式 講義、グループワークによる意見交換・議論 
アクティブラーニングに関する情報 前授業にわたってワークショップ形式により体験を伴った理解を促す。
 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 平素の授業への参加度、各回の課題レポート作成を総合して評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 特記事項無し 
担当講師についての情報(実務経験)