科目情報
科目名 人間関係(保) 
クラス b 
授業の概要 幼稚園教育要領に示された領域「人間関係」のねらい及び内容、内容の取扱いについて、幼児の姿と保育実践とを関連させて理解を深める。また、幼児の発達を踏まえ、それにふさわしい主体的・対話的で深い学びを実現する保育を具体的に構想し、実践する方法を身に付ける。 
授業の到達目標 幼稚園教育要領における領域「人間関係」のねらい及び内容、内容の取扱いについて理解し、具体的な保育場面を想定して保育を構想する方法を身に付ける。指導案作成と改善案の検討を通して保育案を練り上げていく視点を身に付け、幼稚園教育における評価のあり方を理解する。さらに幼小接続等、現代の教育課題を領域「人間関係」の視点から理解し、保育構想の向上に取り組むことができる。 
授業計画
内容
1幼稚園教育要領における領域「人間関係」 
2現代社会と領域「人間関係」―幼児教育の効果と社会情動的スキルの指導 
3乳児期の育ちと領域「人間関係」 
4幼児期の育ちと領域「人間関係」 
5道徳性・規範意識の育ちと領域「人間関係」 
6自立心を育む援助―教師との関係基盤と自己発揮 
7いざこざと教師の援助―遊びの中で友達と折り合う 
8個への援助と集団保育の展開―大好きな友達と楽しさのために折り合う 
9発達の壁を越える―自分自身と向き合う 
10ルールのある遊びと援助―葛藤と向き合う(模擬保育) 
11協同性を育む保育の展開―長期の指導案作成と評価の視点 
12保護者・地域と共に子どもを育む―情報機器の活用と社会に開かれた教育課程の実践 
13これからの幼小接続と人間関係(1)―幼小接続期の主体的・互恵的活動の教材研究と活動展開 
14これからの幼小接続と人間関係(2)―幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を視点として 
15領域「人間関係」をめぐる現代的諸課題・まとめ 
 
テキスト・参考書 テキスト1:『幼稚園教育要領解説』、『幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説』(最新版)
テキスト2:『実践事例から学ぶ保育内容 社会情動的スキルを育む「保育内容人間関係」―乳幼児期から小学校へつなぐ非認知能力とは―』 無藤隆・古賀松香編 北大路書房
必要に応じてプリント資料を配布する。 
自学自習についての情報 テキスト2を教材とした反転授業を行うので、テキストの指定箇所を必ず読み、事前に課題を行ってから参加すること。 
授業の形式 講義及び演習 
アクティブラーニングに関する情報 他のクラス参照 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業のコメントシート(30%)、課題・演習内容(40%)、終末試験(30%)
授業時間数の4分の3以上の出席がない場合 又は 終末試験を受験しない場合は、成績評価の対象としません。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 特記事項無し 
担当講師についての情報(実務経験)