科目情報
科目名 小学校教科内容論国語 
クラス c 
授業の概要 三人の教員により、国文学・書道・日本語学を学び、小学校国語教科内容の基礎を身に付ける。 
授業の到達目標 小学校教員免許取得のために最低限必要な専門的内容を、各領域ごとに身に付ける。 
授業計画
内容
1国文学@ 文学作品の解釈・分析とは? 
2国文学A 詩  
3国文学B 俳句  
4国文学C 物語 
5国文学D 作者とは 
6国文学E ビブリオバトル  
7国文学F 国文学領域のまとめ  
8書写の実技T(楷書の筆使いと基本点画)  
9書写の実技U(楷書の結構法・楷書に調和する平仮名) 
10日本語学@ 日本語の文字  
11日本語学A 日本語の音声  
12日本語学B 日本語の語と語彙・意味  
13日本語学C 日本語の文法  
14日本語学D 方言と豊かな日本語  
15日本語学E 国語学領域のまとめ  
 
テキスト・参考書 テキスト、参考書については授業内で適宜指示する。
「書道」は筆ペンを持参すること。 
自学自習についての情報 国文学では、事前学習として、配布する児童文学作品の読解、ビブリオバトルの準備などを課します。
書写では、初回に配布する資料をよく読んでおくことを求めます。
「国語学」の参考文献:伊坂淳一 2016 『新ここからはじまる日本語学』ひつじ書房


 
授業の形式 講義形式 
アクティブラーニングに関する情報 講義中もコメント欄を使ってリアルタイムの反応を求めます。
また、発表などの課題が出ることもあります。
 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 三分野全てにおいて筆記試験、提出物、授業への参加姿勢を点数化し、総合的に評価する。そのため、全ての分野についてしっかりと学び、課題をクリアすることを求める。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 授業中の私語は絶対に慎むこと。なお、書道は2クラス合併で行なわれることもある。 
担当講師についての情報(実務経験) 書写の担当講師(岡田)は高等学校で勤務した経験があり、学校現場の生徒の実態を踏まえながら授業をすすめ、より実践的な内容を探究する。