科目情報
科目名 異文化間コミュニケーション演習 
クラス − 
授業の概要 現在、日本にはさまざまな文化背景を持つ人々が暮らしている。自分とは異なる文化背景を持つ人たちについての理解を深め、多様な人々が共生していくために必要なことは何かを考える。そのために、コミュニケーションとは何か、文化とは何かということや、異文化間でのコミュニケーションの事例などを学び、異なる文化を持つ人たちとどのように意思疎通をし合うのか、異なる文化背景を持つ人たちとどう共生していくかなどを考える。グループディスカッションや体験型のワークなどを中心に行い、学んだことをもとに各自関心のあるテーマで調査・発表も行う。  
授業の到達目標 参加者同士の対話、自身の発表に向けての考察、他の参加者の発表を聞くことなどの活動を通して、それまで気づかなかった自分自身の価値観やものの見方、他者とのコミュニケーションの取り方の特徴に気づく。 
授業計画
内容
1オリエンテーション 
2異文化間コミュニケーションとは@ コミュニケーションとは 
3異文化間コミュニケーションとはA 文化とは  
4異文化間コミュニケーションとはB 異文化とは 
5異文化間コミュニケーションとはC 価値観について 
6異文化間コミュニケーションとはD アイデンティティについて 
7異文化理解をテーマにした体験学習@ 
8異文化理解をテーマにした体験学習A 
9発表テーマを掘り下げるためのディスカッション 
10テーマについての調査・発表準備@ 
11テーマについての調査・発表準備A 
12テーマについての調査・発表準備B 
13発表@ 
14発表A 
15まとめとふりかえり 
 
テキスト・参考書 教科書は指定しない。
[参考書]
池田理知子(2010)『よくわかる異文化コミュニケーション』ミネルヴァ書房
石井敏ほか著(2013)『はじめて学ぶ異文化コミュニケーション:多文化共生と平和構築に向けて』有斐閣選書
石井敏・久米昭元編(2005)『異文化コミュニケーション研究法:テーマの着想から論文の書き方まで』有斐閣ブックス
原沢伊都夫(2013)『異文化理解入門』研究社

その他授業時に適宜紹介する  
自学自習についての情報 テーマ探しの秘訣は、日ごろから自分の「え?」とか「なぜ?」という頭と心の動きに敏感になること。参考図書を読むこととあわせて、日常での発見や気づきに意識してください。  
授業の形式 演習形式(議論、調査、発表)  
アクティブラーニングに関する情報 グループディスカッションやプレゼンテーションを行う。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 1)授業参加度(グループワークでの取り組み、参加貢献度)(20%)2)発表(40%)、3)レポート(40%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む)  
担当講師についての情報(実務経験)