科目情報
科目名 教育哲学 
クラス − 
授業の概要 教室の風景や、文学作品、映像作品、時事問題、受講者の体験など、身近な事象を出発点にして、教育をめぐる哲学的洞察を深めるための「視点」と「言葉」を培う。 
授業の到達目標 身近な事象のもっている意味や価値を、
@自分なりの視点で発見することができる。
A自分なりの言葉で説明することができる。
B教育と関連づけて分析することができる。 
授業計画
内容
1イントロダクション
教育をめぐる対話のために 
2映画に学ぶ教育学@
子どもの自立と依存 
3哲学対話サークル
「もの」 
4映画に学ぶ教育学A
人材育成と人格形成 
5哲学対話サークル
「ことば」 
6授業風景に学ぶ教育学@
主体性と従順性 
7哲学対話サークル
「規律」 
8授業風景に学ぶ教育学A
遊びとしての学び 
9哲学対話サークル
「体験」 
10映画に学ぶ教育学B
社会参加/自己探求 
11哲学対話サークル
「自己」 
12映画に学ぶ教育学C
生命をめぐる探求 
13哲学対話サークル
「他者」 
14受講者による調査報告@ 
15受講者による調査報告A 
 
テキスト・参考書 ◆参考図書
井藤元・編著(2015)『ワークで学ぶ教育学』ナカニシヤ出版 
自学自習についての情報 @授業で扱った内容を振り返りミニレポートを書く。
A関連領域の資料を読み自分なりに理解を深める。 
授業の形式 @テーマごとの資料をもとにした意見交換
Aインプロゲームを用いたワークショップ
B受講者の問題関心を出発点とする講義  
アクティブラーニングに関する情報 @テーマごとの資料をもとにした意見交換
Aインプロゲームを用いたワークショップ
B受講者による資料をもとにした調査報告
Cコメントシート・レポートなどの作成 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) @コメントシート(75点)
A調査報告(15点)
B学期末レポート(10点)  
その他(授業アンケートへのコメント含む) 授業の内容・方法などに関する質問・意見・要望は随時受け付けます。
授業計画は受講者の学習状況などに基づいて変更することがあります。 
担当講師についての情報(実務経験) 現在取り組んでいるテーマ:教室のなかの即興、教師の省察、ボルノウの教育思想