科目情報
科目名 音楽教育指導法 
クラス − 
授業の概要 1. 幼児の音楽的発達、音楽行動の特徴などに関する講義を行う。その際、指導のポイントを具体的に理解するために、映像教材の視聴を適宜取り入れる。
2. 保育現場での実践力を高めるため、グループディスカッション、ロールプレイ、個人及びグループ発表等を行う。 
授業の到達目標 1. 人間生活における音楽の位置づけや、幼児と音楽とのかかわりについて理解する。
2. 人的環境としての保育者の役割を知り、そのために必要な音楽的基礎技能と指導能力を身につける。 
授業計画
内容
1オリエンテーション  
2保育における音楽教材の扱い方1(教材のとらえ方、考え方) 
3保育における音楽教材の扱い方2(視聴覚教材の効果的活用法) 
4保育における音楽教材の扱い方3(「パネルシアター」等の制作、実習) 
5人間の生活と音、音楽1(音環境が人間に及ぼす影響、人間と音との関わり) 
6人間の生活と音、音楽2(サウンド・スケープ演習) 
7人間の生活と音、音楽3(実習「音を絵で表現する、絵を音で表現する」) 
8楽器指導に関する基礎技能1(保育者が知っておくべき楽器の基礎知識と演奏法) 
9楽器指導に関する基礎技能2(手作り楽器の製作とその活用法) 
10楽器指導に関する基礎技能3(合奏指導のための編曲法、教材論) 
11主体的表現活動を促すための保育者の援助1(「ごっこ遊び」に見られる幼児の表現) 
12主体的表現活動を促すための保育者の援助2(劇遊び、オペレッタの指導法) 
13幼児の表現活動と行事への取り組み方1(保育における行事の種類と意義) 
14幼児の表現活動と行事への取り組み方2(行事における音楽の扱い方) 
15まとめ(行事を想定した模擬指導の発表) 
 
テキスト・参考書 授業時に適宜紹介するとともに、必要に応じてプリントを配布する。 
自学自習についての情報 授業で紹介したもの以外に、テレビやインターネット等で紹介されている幼児音楽教材についても見聞を広めておくこと。 
授業の形式 講義及び演習 
アクティブラーニングに関する情報 少人数のグループで作品を創ったり、指導法をディスカッションする活動を重視する。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 模擬指導及び実技発表(50%)、レポート(50%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 考案した教材や指導法が幼児の発達や実態に適したものであるかどうか、保育現場への視察などを通して、常にフィードバックすることが大切である。 
担当講師についての情報(実務経験) 担当講師(平井)は、公立幼稚園や国立大学附属幼稚園で保育者として勤務した経験がある。その経験を生かして、発達段階に応じた指導法を具体的に提示し、音楽表現活動に必要な知識と技術が獲得できるような内容を含める。