科目情報
科目名 幼児教育演習I 
クラス c 
授業の概要 卒業研究にむけ、幼児の音楽教育に関する様々な研究を紹介するとともに、内容に関する討論を行う。 
授業の到達目標 幼児の音楽教育に関する様々な問題について関心をもち、研究の方法や内容に関する基礎的知識を身に付ける。 
授業計画 1.卒業研究に関する全体説明の後、幼児教育学、幼児心理学、幼児の音楽教育の3分野に分かれる。
2.論文の書き方、資料収集の方法、幼児を対象にした調査方法等についての説明
3.幼児の音楽教育に関する研究@幼児音楽教育史
4.幼児の音楽教育に関する研究A音楽的能力の発達(0〜2歳)
5.幼児の音楽教育に関する研究B音楽的能力の発達(3〜5歳)
6.幼児の音楽教育に関する研究C幼児教育現場の音楽環境(建物、保育室)
7.幼児の音楽教育に関する研究D幼児教育現場の音楽環境(音具、玩具、楽器)
8.幼児の音楽教育に関する研究E指導法に関する研究
9.幼児の音楽教育に関する研究F各種メソッド(コダーイ)
10.幼児の音楽教育に関する研究G各種メソッド(オルフ)
11.幼児の音楽教育に関する研究?各種メソッド(ダルクローズ)
12.幼児の音楽教育に関する研究I音楽教材(歌唱教材、器楽教材)
13.各自の小テーマに基づく調査結果の発表@リサーチクエスチョンの検討
14.各自の小テーマに基づく調査結果の発表A先行研究との比較
15.卒業論文テーマ設定と春休み中の研究計画立案。 
テキスト・参考書 参考資料は、必要に応じてプリントし配布する。 
自学自習についての情報 各自の研究テーマに基づき、計画的に資料収集(文献検索、フィールドワーク等)を行うこと。 
授業の形式 討論、演習 
アクティブラーニングに関する情報 同じテーマについて少人数でディスカッションする活動を毎回取り入れる。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業内での発表(50%)、レポート提出(50%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 幼児教育専攻3回生対象。関心をもつテーマについて、保育現場で観察の機会を積極的にもつように心がけるとよい。 
担当講師についての情報(実務経験) 公立幼稚園や国立大学附属幼稚園にて保育者として勤務した経験があり、幼児音楽教育に関する幅広い経験をもとに学生一人ひとりの関心に応じた研究が進められるよう指導を行う。