科目情報
科目名 障害児指導法 
クラス − 
授業の概要 知的障害児を対象とした附属特別支援学校の教育課程と授業について、具体的な実践事例を紹介しながら、解説する 
授業の到達目標 知的障害・知的障害を伴う自閉症について理解し、授業の創造・実践・評価の仕方について、知識・理解を深める。 
授業計画
内容
1知的障害と知的障害を伴う自閉スペクトラム症 
2知的障害特別支援学校の教育課程 
3京都教育大学附属特別支援学校の教育課程 
4小学部の教育課程 
5中学部の教育課程 
6高等部の教育課程 
7授業づくり@:授業案の作成 指導計画〜授業構想 
8授業づくりA:実態把握 
9授業づくりB−小学部 
10授業づくりC−中学部 
11授業づくりD−高等部 
12授業づくりE−小学部 
13授業づくりF−中学部 
14授業づくりG−高等部 
15授業づくりH−授業記録・評価 及び 総括 
 
テキスト・参考書 本校作成の指導法の資料を配付する。
 
自学自習についての情報 本校作成の資料を事前に読んで授業に臨むこと。 
授業の形式 講義形式 
アクティブラーニングに関する情報 グループディスカション等を取り入れる 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 出席率(50%)、課題レポート(20%)、期末レポート(30%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 担当教員:附属特別支援学校教諭  
担当講師についての情報(実務経験)