科目情報
科目名 国文学概説 
クラス − 
授業の概要 日本文学および文学研究の基礎的知識、理論的枠組みを学ぶ。 
授業の到達目標 1,日本文学を理解するための基礎知識を獲得する。
2,文学研究の方法論を理解する。
3,文芸批評理論の基礎知識を獲得する。 
授業計画
内容
1イントロダクション 
2本文の生成 新美南吉「ごんぎつね」と夏目漱石「坊っちゃん」を例に 
3本文の複数性 新美南吉「ごんぎつね」と夏目漱石「坊っちゃん」を例に 
4読者とメディア 『赤い鳥』を例に 
5「作者」と「語り手」 
6戦前・戦中の検閲 
7戦後の検閲と表現の自由 
8小説の読み方@ 構造分析 森鴎外「舞姫」 
9小説の読み方A コンテクスト理解 森鴎外「普請中」  
10小説の読み方B コンテクスト理解 田山花袋「少女病」  
11小説の読み方C ポストコロニアリズム 中島敦「マリヤン」  
12小説の読み方D ジェンダー 樋口一葉「十三夜」  
13小説の読み方E ジェンダー 大前粟生「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」 
14日本語文学 リービ英雄「千々にくだけて」 
15まとめ  
 
テキスト・参考書 〔テキスト〕教員が用意します。
〔参考文献〕紅野謙介『書物の近代―メディアの文学史』 (ちくま学芸文庫)、和田敦彦『読書の歴史を問う 書物と読者の近代 改訂増補版』(文学通信)、紅野謙介『検閲と文学 1920年代の攻防』 (河出ブックス)、大橋洋一『新文学入門―T・イーグルトン『文学とは何か』を読む』(岩波セミナーブックス) 、三原芳秋ほか『クリティカル・ワード 文学理論 読み方を学び文学と出会いなおす』(フィルムアート社)、橋本陽介『物語論 基礎と応用 』(講談社選書メチエ) 
自学自習についての情報 対象とする文学作品について、梗概・疑問点を書いたミニレポートを提出することを義務付ける。 
授業の形式 講義形式 
アクティブラーニングに関する情報 講義形式だが、ディスカッションやグループワークを積極的に行う。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 学期末レポート60% 課題および授業中の学習姿勢40% 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 文学研究の基礎知識を網羅的に学ぶ授業のため、多様な方法論や考え方の枠組みを学習してゆくことになる。2回生以上の文学の講義や演習、レポート・卒業論文執筆、文学教材に取り組むために必要な知識やスキルを学ぶ授業であり、その意味では、大学での学びの基礎となる授業である。 
担当講師についての情報(実務経験) 特記事項なし