科目情報
科目名 漢文学演習A 
クラス − 
授業の概要 『史記』の中より特定の巻を選んで精読する。初めに訓点つきのテキストを用いて漢文の訓読に慣れたあと、最終的には『史記』注釈の最高峰『史記会注考証』の読解にも取り組む。初めの数回は担当教員が授業を進行するが、途中から受講学生主体の授業に切り替え、漢文の教授法についても併せて研究する。具体的な作品と授業の進め方は開講時に指示する。 
授業の到達目標 1.訓点のついた漢文資料によって正しい漢文訓読ができる。
2.辞書を用いて漢字の字義によりながら漢文を解釈し、説明できる。
3.文献を調べながら『史記』の注釈を読解する手法を体得する。
4.優れた文学としての『史記』の面白さを味わい、説明できる。 
授業計画
内容
1『史記』に関する概説・授業の進め方について 
2演習(1)訓点つきの本文を読む(1)および演習の担当決め 
3演習(2)訓点つきの本文を読む(2)テキスト第一段 
4演習(3)訓点つきの本文を読む(3)テキスト第二段 
5演習(4)訓点つきの本文を読む(4)テキスト第三段 
6中間試験・図書館資料室案内など 
7演習(5)辞書を使った本文の解釈と説明(1)テキスト第四段 
8演習(6)辞書を使った本文の解釈と説明(2)テキスト第五段 
9演習(7)辞書を使った本文の解釈と説明(3)テキスト第六段 
10演習(8)辞書を使った本文の解釈と説明(4)テキスト第七段 
11演習(9)辞書を使った本文の解釈と説明(5)テキスト第八段 
12演習(10)注釈を調べ、深く読む(1)テキスト第九段 
13演習(11)注釈を調べ、深く読む(2)テキスト第十段 
14演習(12)注釈を調べ、深く読む(3)テキスト第十一段 
15演習(13)注釈を調べ、深く読む(4)テキスト第十二段 
 
テキスト・参考書 テキストは印刷して配布する。
辞書:小川環樹ほか『角川新字源(改訂新版)』(角川書店)
参考書:斎木哲郎『後漢の儒学と『春秋』』(汲古書院)、浅野裕一『古代思想史と郭店楚簡』(汲古書院)、湯浅邦弘『上海楚簡研究』(汲古書院)など。 
自学自習についての情報 『史記会注考証』を読み、調べる上での基礎知識は、吉川幸次郎「「史記」と日本」(『吉川幸次郎全集』第六巻)、谷口『読み継がれる史記―司馬遷の伝記文学』等を参照すること。 
授業の形式 演習形式。  
アクティブラーニングに関する情報 演習であるが、担当者が発表する形式ではなく、毎回、担当者も含めた全員で読むので、主体的な準備が求められる。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 原則として平素の授業に対する取り組みによるが、学期末にレポートを課すこともある。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 授業計画は一応の予定であり、受講者の状況に応じて変更する場合がある。また試験週間に補講を行う場合がある。なお漢文の理解には中国語の知識が必要である。中国語は1単位だけでもよいので、できる限り履修することが望ましい(この授業と並行しての履修でも差し支えない)。 
担当講師についての情報(実務経験)