科目情報
科目名 小学校国語科教材論B 
クラス − 
授業の概要 【目的】小学校国語科教科書に収録された詩の理解を深めるとともに、その理解を他者と分かち合う方法を受講生自らが模索する。また、考察をさらに発展させることで、詩の世界や言語表現の世界の考察に広く深く理解する。
【方法】担当者が事前に調べた知識や行った考察をもとに発表形式で行う。 
授業の到達目標 1、表現を丁寧に読みとる力、問題を発見する力を獲得する。
2、文学研究、教材研究を行うための基礎的な知識を獲得する。
3、教科内容・教科方法双方の重要性を理解する。
4、発表や授業を行うためのスキルを獲得する。 
授業計画
内容
1ガイダンス(授業概要と今後の予定) 
2小学校国語教科書収録の詩を調査し、担当作品を決める 
3参考文献の集め方と発表のしかた 
4担当作品についての参考文献を集め、考察する 
5受講生による研究発表とディスカッション@ 1班による発表とディスカッション 韻律 
6受講生による研究発表とディスカッションA 2班による発表とディスカッション リズム 
7受講生による研究発表とディスカッションB 3班による発表とディスカッション 反復 
8受講生による研究発表とディスカッションC 4班による発表とディスカッション 擬人法 
9受講生による研究発表とディスカッションD 5班による発表とディスカッション 表記 
10受講者による研究発表とディスカッションE 1班による詩の発表 韻律 
11受講生による研究発表とディスカッションF 2班による詩の発表 リズム 
12受講生による研究発表とディスカッションG 3班による詩の発表 反復 
13受講生による研究発表とディスカッションF 4班による詩の発表 擬人法 
14受講生による研究発表とディスカッションG 5班による詩の発表 表記 
15まとめ 
 
テキスト・参考書 ガイダンス時に指示する。 
自学自習についての情報 レジュメやパワーポイントのフォーマット、調査すべき事柄や方法など、基本的な取組内容については、授業の最初に指示する。それらに従って高度な発表ができるよう、各自、主体的な取り組みを期待する。
発表に関わる準備はグループ単位での自学自習の範囲となるため、協働的、主体的な学習が重要となる。発表の一週間前には、教員とアポをとり、発表内容に関する助言を受けること。 
授業の形式 講義+演習形式で行う 
アクティブラーニングに関する情報 出席者には、課題の設定から考察、レジュメの作成、プレゼンテーションに至るまで、主体的、能動的な学習を課す。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 1)発表の達成度(60%)
2)授業への参加姿勢(40%) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 受講生の人数によって発表形式や予定を変更する可能性がある。 
担当講師についての情報(実務経験)