科目情報
科目名 法律学研究 
クラス − 
授業の概要 この講義では、刑法の各論部分について取り扱う。刑法各論は、各犯罪の成立要件について具体的に取り組む。 
授業の到達目標 ・各犯罪の成立要件を学習する。
・社会で生ずる事件について、理論的に説明し、自身の意見を述べられるようにする。 
授業計画
内容
1ガイダンス、刑法各論について、生命・身体に対する罪の基礎 
2殺人の罪 
3傷害の罪、過失傷害の罪 
4自動車運転による傷害の罪、遺棄の罪 
5脅迫の罪、逮捕・監禁の罪 
6略取・誘拐の罪、住居を侵す罪 
7名誉に対する罪、信用・業務に対する罪 
8財産犯総論、窃盗の罪その1 
9窃盗の罪その2 
10強盗の罪その1 
11強盗の罪その2、横領・背任の罪その1 
12横領及び背任の罪その2、毀棄・隠匿の罪 
13放火・失火の罪その1 
14放火及び失火の罪その2 
15国家的法益に対する罪 
 
テキスト・参考書 参考書 刑法基本講義総論・各論第3版 出版社:有斐閣 著者:佐久間修・橋本正博・上嶌一高
    刑法各論第2版 出版社:成文堂 著者:佐久間修
    刑法各論判例50! 出版社:有斐閣 著者:十河太朗・豊田金彦・松尾誠紀・森永真綱
詳細は、初回ガイダンスで説明する。 
自学自習についての情報 毎回の講義でレジュメを配布するので、講義終了後にはテキストとレジュメで復習を行うこと。 
授業の形式 講義形式で行う。 
アクティブラーニングに関する情報  
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 小テスト、期末試験により総合的に評価する。
詳細は、初回ガイダンスで説明する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む)  
担当講師についての情報(実務経験)