科目情報
科目名 英語学基礎 
クラス − 
授業の概要 本コースは英語学の一部門である英語音声学の基礎知識を習得すると共に、英語の発音や仕組みを実践的に学習・練習する。
 
授業の到達目標 (1)音声記号を理解し、表記できるようにする。
(2)“英語らしい”音、リズム、イントネーションなどの韻律特徴を理解し、知覚・産出できるようにする。  
授業計画 受講者の学修状況により、授業内容および進度について変更される場合がある。
内容
1Guidance
母音について、Practice 1 前舌母音 
2Practice 2 後舌母音
Practice 3 中舌母音 
3Practices 4&5 二重母音  
4Practice 6 閉鎖音
Practice 7 鼻音 
5Practice 8 摩擦音
Practice 9 破擦音
Practice 10 側音と半母音 
6中間評価
Lesson 5 音のつながり 連結 
7Lessons 6,7 音のつながり 脱落 
8Lessons 8,11,12 音のつながり 同化 
9Lesson 1 音節と語強勢
Lesson 2 文強勢
Lesson 10 機能語の弱形と強形 
10Lesson 13 句動詞
Lesson 16 合成語
Lesson 17 名詞連続 
11Lesson 15 話者の意図と強勢
Lesson 19 強勢の移動 
12Lesson 3 ポーズ
Lesson 4 ピッチとイントネーション 
13Lesson 9 イントネーション - 列挙と選択疑問文
Lesson 14 イントネーション -付加疑問文 
14Lesson 18 感嘆文・最上級・強調語
Lesson 20 話者の意図とイントネーション 
15まとめと総復習 
 
テキスト・参考書 今井由美子他著 Sounds Make Perfect [改訂版](2020)英宝社 
自学自習についての情報 テキストに添付されているCDをよく聞き、発音練習しよう。また、普段から音読練習を行ったり、英語ニュースなどナチュラルスピードの英語を聞いたりして「英語の口、耳」を作ろう。  
授業の形式 講義と演習 
アクティブラーニングに関する情報 グループワーク、ペアワークを実施する。積極的に取り組んでもらいたい。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業参加度(15%)、授業内テスト(25%)、学期末試験(60%)を総合して評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 授業には辞書を持参すること。授業中の携帯電話、パソコン等の電子機器の使用は厳禁。
授業日数の3分の2以上の出席がない場合は,単位認定対象とならない。
30分以上の遅刻,早退は欠席扱いとする。遅刻3回で欠席1回となる。  
担当講師についての情報(実務経験)