科目情報
科目名 数学科教育講究I 
クラス e 
授業の概要 応用数学および情報数学関連のテーマについて広く学び、初等・中等教育段階の数学教育との関連について考察する。
また、研究に取り組むために必要となる基礎的な論文の読み方と書き方についても学ぶ。 
授業の到達目標 応用数学および情報数学関連の知識を習得し、それらと初等・中等教育段階での数学教育との関係性を理解し、意見を述べることができる。 
授業計画 下記は一例であり、受講者の興味と希望により内容を変更する可能性がある。
内容
1プログラミング教育(1)日本のプログラミング教育の現状 
2プログラミング教育(2)世界のプログラミング教育(イギリス) 
3プログラミング教育(3)世界のプログラミング教育(エストニア) 
4プログラミング教育(4)世界のプログラミング教育(フィンランド) 
5プログラミング教育(5)世界のプログラミング教育(まとめ) 
6ビジュアルプログラミング(1)Scratch(基礎) 
7ビジュアルプログラミング(2)Scratch(応用) 
8ビジュアルプログラミング(3)Scratch(算数科・数学科での活用法の考察) 
9ビジュアルプログラミング(4)VISCUIT(基礎) 
10ビジュアルプログラミング(5)VISCUIT(応用) 
11ビジュアルプログラミング(6)VISCUIT(算数科・数学科での活用法の考察) 
12ビジュアルプログラミング(7)プログラミン(基礎) 
13ビジュアルプログラミング(8)プログラミン(応用) 
14ビジュアルプログラミング(9)プログラミン(算数科・数学科での活用法の考察) 
15まとめの発表会 
 
テキスト・参考書 適宜紹介する。 
自学自習についての情報 授業で聴いただけでは理解できなかった内容については、各自調べたり計算したりすることによって理解を深めておくことが望ましい。 
授業の形式 ゼミ形式 
アクティブラーニングに関する情報 発表とディスカッションを行う。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 提出課題と授業全般への取り組みを総合的に評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 特記事項なし。 
担当講師についての情報(実務経験) 特記事項なし。