科目情報
科目名 小学校理科教材論B 
クラス − 
授業の概要 小学校理科の生物分野を教えるために必要な基礎を養う。自然を観察したり、自ら教材を開発する際の着想の具体例を知る。
学校現場で実践する際、役に立つような基礎的情報を提供する。1回の講義で1つのテーマや現象について講義を行う。 
授業の到達目標 小学校理科で教材として取り上げられている植物や動物について、児童や生徒に、生物の特徴、面白さなどを説明できるようになる。
また、自分で教材開発ができるようになる。 
授業計画
内容
1野外観察を指導する際の注意/ICTを活用した自然観察法 (今井) 
2春の昆虫と植物の姿(キャンパスの野外観察) (今井) 
3野外観察のまとめと発表会 (今井) 
4昆虫類の体のつくりと微少構造の観察方法 (今井) 
5栽培植物と野生植物の違い (南山) 
6在来作物とは何か:その特徴と栽培(南山) 
7植物の成長の基本と栽培管理(南山) 
8植物の基本的な体制と花のつくり(藤浪) 
9種子と幼植物の形 (藤浪) 
10初夏の植物の姿(キャンパスの野外観察) (藤浪) 
11植物観察のまとめと発表会 (藤浪) 
12動物の誕生:ヒトの誕生をどう教えるか? (梶原) 
13動物の体:身近な動物から体の大型化を考える (梶原) 
14動物の骨:脊椎動物の骨格の共通性と多様性 (梶原) 
15まとめと振り返り 
 
テキスト・参考書 テキスト
 必要がある場合資料を配付する。

参考書
 「教養のための昆虫学」(東海大学出版)
 「学校園の観察実験便利帳」(農山漁村文化協会)
 
自学自習についての情報 オリエンテーションで紹介された各回の内容について、実施回までに資料や関連したHPなどを
参考にして事前自習し、課題意識をもって授業に望むこと。
教材開発に関連した課題やテーマに基づく発表を課すことがあるので、十分準備すること。 
授業の形式 講義。教員によっては実物の掲示や写真やビデオも使用 
アクティブラーニングに関する情報 講義に併せ、観察、討論、発表などの活動を含む。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) レポート、小テストなどにより総合的に評価する。(12回以上の出席で評価の対象とする) 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 一昨年度に導入した野外観察と成果発表が好評であったため、内容を改善して継続する。
「授業計画」の講義内容の順番は変更する場合がある。
南山担当分の3回の授業は、環境教育実践センターで実施する。 
担当講師についての情報(実務経験)