科目情報
科目名 法律学特講 
クラス − 
授業の概要 いわゆる「パクリ」がどこまで許されるのか。知的財産法の中でもこの講義では不正競争防止法と商標法、地理的表示の保護について代表的な論点を解説し、知的財産法の基本的知識の習得を目指す。 
授業の到達目標 ・各法律の制度趣旨や全体像を理解する。
・条文の要件とその趣旨を理解し説明できる。  
授業計画
内容
1イントロダクション、知的財産法とは 
2不正競争防止法@2条1項3号 
3不正競争防止法A2条1項1号その1 
4不正競争防止法B2条1項1号その2 
5不正競争防止法C2条1項2号 
6不正競争防止法Dまとめ 
7商標法@商標法の目的と全体像 
8商標法A商標登録が認められるための要件その1 
9商標法B商標登録が認められるための要件その2 
10商標法C特殊な登録制度 
11商標法D商標権侵害 
12商標法E商標権侵害の効果 
13商標法F商標権の経済的利用 
14商標法Gまとめ 
15地理的表示の保護 
 
テキスト・参考書 田村善之『知的財産法』(第5版・有斐閣)
詳細は、初回ガイダンスで案内する。 
自学自習についての情報 毎回の講義でレジュメを配布するので、講義終了後には復習を行うこと。 
授業の形式 講義形式 
アクティブラーニングに関する情報 コメントペーパーを用いた積極的な参加が求められる。 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) 授業の参加状況(15%)、期末試験(85%)により総合的に評価する。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) 前期に開講される「法律学研究」を受講していることが望ましい。 
担当講師についての情報(実務経験)