科目情報
科目名 リスニングIB 
クラス − 
授業の概要 映画『ナイト・ミュージアム (Night at the Museum)』を見ながら、その中で使われている様々な英語表現の聞き取りを行う。映画は学習用テキストとして作られたものではないので、難易度は高いが、生の英語に触れられる格好の教材である。映像が内容理解の助けとなり、どんな表現をどんな場面で使うのかをセットで覚えられるだろう。その際、特に、単語単位ではなく、チャンク(数語で構成される短い意味のまとまり)を意識することで、役立つ口語表現を身につけていく。映画の内容も楽しみながら、ディクテーション、シャドウイング、アウトラインの書き取りなどを通じて、理解を確認すると同時に、英語で発信する(話す・書く)ときにも使える表現を増やしていってほしい。 
授業の到達目標 ・映像を手掛かりにしながら、ナチュラル・スピードで話される映画の英語を理解できる。
・日常的によく使われるチャンクを多く身につけ、会話の中で使えるようになる。
・聞き取った内容や映画の筋を、英語で要約できる。 
授業計画
内容
1授業予定の説明、テキストへの導入 
2Unit 1 Larry Finds a Job 後半 
3Unit 2 Larry's First Night at the Museum 前半 
4Unit 2 後半〜Unit 3 Larry Learns about the Magic from Teddy 前半 
5Unit 3 後半 
6Unit 4 Larry's History Lessons 前半 
7Unit 4 後半〜Unit 5 Larry Gives It Another Try 前半 
8Unit 5 後半 
9Unit 6 Chaos at the Museum 前半 
10Unit 6 後半〜Unit 7 The Truth Comes Out 前半 
11Unit 7 後半 
12Unit 8 Larry the 'Hero'前半 
13Unit 8 後半〜Unit 9 United We Stand 前半 
14Unit 9 後半〜Unit 10 Everything Ends Up Great! 前半 
15Unit 10 後半 
 
テキスト・参考書 Robert Ben Garant, Thomas Lennon 著. Kim R. Kanel, 神谷久美子 編著. 『映画総合教材「ナイト ミュージアム」』(松柏社) ISBN: 9784881986554 
自学自習についての情報 進捗状況に合わせて、事前にテキスト付属の音声を聴いて問題を解き、辞書などを調べてできるかぎり内容を把握し、疑問点を整理した状態で授業に臨むこと。
 
授業の形式 演習。受講生が練習問題の解答などを発表し、教員がそれに解説を加える。 
アクティブラーニングに関する情報 グループワークを行い、聞き取った内容や学習した英語表現をもとにして、映画の場面を再現したり、自分の考えを話し合ったり、発表したりしてもらう。
 
評価の方法(評価の配点比率と評価の要点) ・授業への参加度+予習・復習の状況+課題30%
・小テスト20%
・期末試験50%
の配分で、総合的に評価する。
※授業回数の1/3以上欠席した場合は不合格とする。遅刻・早退3回で欠席1回とみなす。30分以上の遅刻・早退・退出は欠席とみなす。 
その他(授業アンケートへのコメント含む) ・授業に辞書(電子辞書または紙の辞書)は必携。
・十分に予習・復習を行うこと。
・毎回の積極的な授業への参加を期待する。 
担当講師についての情報(実務経験) 高等学校での勤務経験がある。